皮膚科KSクリニック

診察時間

9:30 ~ 12:30, web受付8:45~12:00
15:00 ~ 18:30, web受付14:00~18:00

土曜日
9:30 ~ 12:30、web受付8:45~12:00

土曜日午後と日曜・祝祭日は休診です。

予約時間とは関係なく、午前は12:30、午後は18:30までにお入りください。
インフルエンザ予防接種できます。予約は不要です。接種は平日のみになります。



当院では、皮膚病(にきび、アトピ-性皮膚炎、乾癬、水虫)を積極的に、きちんと治す治療をしています。お子さんのアトピ-性皮膚炎は治癒が期待できます。 

 アトピ-性皮膚炎は、十分な治療(手のひらサイズの面積に0.5g(全身の場合,成人で1回15g,6歳で10g,1歳で6g,1日1〜2回、薄くのばして塗るのは駄目です)をすれば、しみなどを残すことなく、本来の"つるつるすべすべのお肌”に、きれいに治すことができ、長期的には通院の必要がなくなります。

 当院では、科学的根拠(=エビデンス)(乾燥肌=バリア-機能の低下が原因、皮膚のアレルギ-は経皮感作が重要)に基づき、完璧なコントロ-ルを目指した(およそ2週間で寛解になるように)治療ををしています。

 症状が落ち着いてからも、プロアクティブ療法(ずっと症状ゼロを維持するための治療法)という外用療法を"続ける"ことが重要になります。また、食物アレルギ-もプロアクティブ療法で改善します。

 また、食物アレルギ-が”皮膚から始まる”こともわかってきましたので(Gideon Lack et.al:Prevention of food allergy:J.Allergy Clin Immunol.2016;137:998-1010)、食物アレルギ-に"ならない"ためにも、早期から、アトピ-性皮膚炎を徹底して治療すること"(経皮感作を予防すること)が重要です。

 なかなかよくならずにお悩みの方も、Finger Tip Unitに基づいた塗り方(手のひらサイズの面積に0.5g、十分な量(薄くのばして塗るは駄目です)塗ることが重要です)からアレルゲン対策まで時間をかけてご説明し、ほとんどの方が、寛解(症状ゼロ)になっておられます。

 最近では、重症で難治性でも、十分な治療で寛解し、プロアクティブ療法で寛解維持できている方が増えてきています。皮膚症状が悪くなったから、あるいは薬がなくなったから受診するのではなく、皮膚症状が良い状態で通院することが重要です。

 尚、アトピ-性皮膚炎の患者様の診察には、お一人10〜20分程かける”場合”がございますので、お待たせしないためにも、ご予約のうえおみえ頂ければ幸いです。

 パッチテストできます(スタンダ-ドシリ-ズ)。貼付2日後、3日後に判定します。

 にきびの治療は、乾燥肌に対するスキンケアを重視し、漢方(なるべく錠剤)も使ってきれいに治す治療をしています。ずっと治らず悩んでいた方、ひどい方でも1〜2週間で、一定の改善がみられる治療をしています。

 乾癬は、塗り薬での治療(1日1回塗るだけ)で、PASIクリア-が可能になりました。

 尚、ご予約の方が優先になりますので、"再診”の方は、自動受付(電話、Webでの順番受付)を、ホ-ムペ-ジ上の「いますぐ受付」からご利用いただければ幸いです。特に、土曜日は、ご予約の方がほとんどになっています。電話予約専用受付番号は18603-3599-6730になります。
”初診(初めて当院を受診される方)”のご予約は、

https://www.489map.com/helios/A0989946/reserveから24時間いつでも可能になっています。

 年末年始:12/29(木)から1/5(木)までお休みさせて頂きます。大変ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。

ご案内・おしらせ
【いますぐ受付情報】
待ち人数
3人待ち(約15分)

《最新情報に更新》

初めて来院される方へ
いますぐ受付
確認・キャンセル
メールアドレス登録

■iCallシステムについて